ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回”たらこの誕生日”
ということで倉敷市内のステーキ屋さんに行ってきました。市立図書館のすぐ近くです。
ちょっと夜だったので怪しい雰囲気ぷんぷんなんですけど、中はいたって健康的というかノスタルジック。
御主人も気さくなえ~人です。
外観

ここにはメニューなんてものはなく、席に着くと飲み物を聞かれ、次にこいつが出てくる。

サラダ うまいんだなぁ
自家製マヨネーズあえのサラダと、しゃきしゃきレタス、きゅうり、トマト。
マヨネーズあえのサラダには嫌いなせろりが入っているんだけど、ここのマヨネーズは自家製のためすっぱくなく、そのためかさらりと食べれる。

続いてお肉の量を聞かれる。いくらは350g、たらこは200gをオーダー。
このでかさ

ここは炭火で大き目の網で焼いていきます。
炭火で脂を落としながら焼いていきます。

ど~んと焼けたこいつ。存在感があります。お肉が立ってます。仁王立ちです。
いわゆる漫画ででてくるようなステーキです。
フィレ肉350gその2
フィレ肉350g

なかはほんのり温かく、脂肪分はきれいに取り除いてくれている。
焼くというより肉汁を濃縮させ、外側10mmを凝固させるという感じ。
断面図

特製の塩コショウをしてあり、そのままでも十分おいしいんですけど、後半になってくるとマスタードの出番。
辛すぎず、すっぱすぎず、肉と合います。
自家製マスタード付き

最後は梅のおにぎりで。目の前で握ってくれてそのまま渡してくれます。
締めはおにぎりで

先日はフィレ肉の解説もしていただきました。
フィレ肉がちょうど半分で切れてますけど、中心からちょうど主人が指している部分がシャトーブリオン、それより外側がテンダーロイン、さらに外側がフィレミニオンというらしいです。右半分も同様です。
お肉のお城、それがシャトー”フランス語で城の意味”ブリオンらしいです。
フィレ肉の解説

カウンター席の後ろには25年間やっていた岡山の店内のスケッチがおいてあります。
もともと倉敷でやっていて、その後岡山に移り、そのあとこちらに戻ってきたそうです。
岡山店

その横になぜか職場の上司の禁煙の誓いが貼ってありました。
名前もフルネームで書いてあってちょっとびっくり。
なぜか上司の禁煙の誓いが・・・


≪まつや≫
710-0046 岡山県倉敷市中央2丁目13-15
TEL 086-422-4163

ここは銀座で3万円出すよりはるかにリーズナブルでうまいステーキが食べれます。
いわゆる和牛の霜降りの脂たっぷりではないので翌日もほとんどもたれません。
しかもめちゃやわらかいです。

スポンサーサイト


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ぱぐり~ライフ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。