ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


突然蟹を頂きました。
下の写真の3セットもらったのですが、食べきれないことは目に見えてるので
同僚におすそ分け。

松葉蟹
蟹なんて久しぶり。
蟹漁師から直接頂いた松葉蟹!!!
蟹のあし
たらこは器用です。
蟹鍋にして食べましたが、いや、身もたっぷりついてうまかったぁ。
これは買うとお高いですぞ。

ただ冷凍ものなので身の割にみそがイマイチ。
次回はシーズン中に直接交渉して、購入したいと思います。

蟹とかってネットとかでもあるけど、中身が心配でなかなか買えないんだよね。

おかず
お鍋と一緒に食べたおかずたち。

スポンサーサイト

10年ほど前からされているという事だが、恥ずかしい事に今回までその存在を知らなかった。

店内に入ると柔和な主人が迎え入れてくれ、それと同時に辺りに立ち込める御香の香りに
気づく。カウンターと厠とでも香りを変えているという趣向。
茶人である主人ならではの趣がある。

香炉

一品目
懐石料理であり、季節の物を取り入れた一品が出てくる。
鰆と鯛のお造り
鰆を炭火で皮の部分をあぶり、鯛の造りと一緒に頂く。
鰆はポン酢醤油、鯛は醤油で。
山葵がとげとげしくなく、鯛の甘味を引き立ててくれる。
和牛のこ鍋仕立て

盛り合わせ
目にも鮮やかで、一品ごとにしっかりとした仕事がしてある。
今回は春という事で山菜などの野の趣向が感じられた。
わらびと下にあるのは失念

鯛のお頭蒸し
言うまでもないが、鯛の目の周りのゼラチン質がたまらなくうまい。
釜で炊いたお米
山陽町のほうでとれたお米を釜で炊き上げてくれる。
もちろんお焦げもついており、香ばしい。
お抹茶とこちらが出てくる。
お抹茶が最後のほうで出てくる。
あとは水ものであるメロンと苺で〆。
非常にゆったりとした店内で、御主人の人柄が表れたまじめな懐石料理だった。
しっかりとした仕事がしてあり、もてなしの心を随所に感じるそんなお店でした。


懐石 昇一楼 (カイセキショウイチロウ)
TEL:086-212-1022
住所:岡山県岡山市天神町2-10
営業時間:11:30~13:30(L.O.) 17:30~21:00(L.O.)
定休日:日曜日

大きな地図で見る


最近個人的なことが重なり、なかなか記事をUpできないけど
いたって二人は元気だったりする。

仕事の関係で来月ボストンに行けることになったり、さ来月は高知、7月は京都と
予定が次々埋まっていく。
忙しいのは慣れてきつつあるが、知らない世界をどんどん見れるようになり、
これも今の上司の指導の賜物だと感謝。

30代になり、仕事を徐々に任されるようになった。
ちと大人になったのか。
つい最近Alwaysのハードブレッドプレートだったかを食べた時についてくる岩塩バターがやけに
おいしくて全部食べてしまった。
そしてお腹も大人になりつつある。。。


そんなオトナないくらが時に行くのが倉敷の花柚さんです。
通りを一本入ったところにある。
以前紹介したまつやさんの真向かいにある和食屋さんです。
1月に行った時の写真でクエ鍋のコースです。
先付け

見た目も美しい
お重に入れられて出てきますが、盛りつけが綺麗なんです。
珍しいくえの刺身
脂がのってて、薄くそいでくれてるのでポン酢でさっぱりと。
クエ鍋
画像が悪くて肝心のくえが見えませんが、どぼんした瞬間です。
身はぷりっとしてて、上品な味です。
くえ自体の見た目の悪さとは大違い。
クエ鍋雑炊
締めは雑炊。ふぐ雑炊もいいけどこちらも好物です。
水物

こちらは素敵な年配夫婦の誕生日会もさせてもらったりといろいろ使わせてもらっています。
お金を払っただけの満足感がいつも得られます。
予算も都合つけてくれますので、記念日などにぜひ。

最近季節の移ろいまで料理に反映させる日本料理の奥深さに感心してしまう。
来週行く予定の昇一楼さんも楽しみです。

花柚(はなゆう)
住所:岡山県倉敷市中央2丁目12-3
電話:086-421-1171

大きな地図で見る


え~、こちらは3,4ヶ月に一度は行きたくなる日本酒と魚のお店『はまゆう』さんです。
1階が魚屋さんで2階がお店になっています。
週末近くになるとサラリーマンでいっぱいです。
みんな楽しそうに飲んでいて、女子はほとんどおらず、さながらおじ様たちの楽園です。
いぇ~い!
行くときは4,5人ぐらいが多いので舟盛りを頼みます。
それと一品ものを少しずつ頼み、日本酒を各種頂きます。
舟盛り

舟盛り
このお店で頼んだのが人生初の舟盛りでした。
これをたらこにも見せてあげたいのだけど、おじさまの楽園ゆえに、、、、。
(というか二人で食いきれない

岩牡蠣
2か月前なので日本海で取れた岩牡蠣がそろそろ出ていました。

日本酒飲み放題!
このお店は3000円くらいで日本酒が飲み放題になります。
次から次へと日本酒を持ってきてくれて、こんなのが3回転ぐらいします。
魚も美味しいし、比較的リーズナブル。
また行きたくなってきました。

ただ、、、、倉敷から遠いんだよねぇ。

≪はまゆう≫
岡山県岡山市桑田町16-20
TEL:086-232-5115
駐車場:裏に3台ほど



大きな地図で見る


こんばんわ。たらこです。
先日、思ってもみなかった所へいくらが連れて行ってくれました
某ブログで見たことがあり、気になりつつ頭の隅っこにあったお店。
23時も過ぎ、どこかでサクッと食事ができるところがないかなぁと悩んでいると・・・
職場の方に連れて来てもらったことがあるとか?!ないとか?いや、あるらしい。
お店についてびっくり、ここってここって≪おばんざい 野の≫っていうお店じゃな~い。
いくらが知っているとは!(←失礼?)
P1040646.jpg
画像が粗くてすみません
≪しし唐の何か≫ししとうって当たりハズレがあるのはなぜなんでしょうね?
P1040649.jpg
≪とうがんのそぼろ煮≫フライングですでに食べ終わりそうになってしまいました。
しっかりした味ながらも~優しさが残る感じで美味しい
実家で母が作ってくれる、とうがん入りのお汁が大好きです。あ~久々に食べたいなぁ。
P1040648.jpg
≪ポトフみたいなの≫
ソーセージ美味しい。
楕円形、まるで赤血球みたいな緑色のお豆さんが入ってます。
これも、遅めの晩御飯にもってこ~いなお味!いい!豆好きじゃ
マスタードをつけて食べると、また美味しい。
実家では朝ごはんに、冷凍グリンピースのみを塩コショウで炒めた物が一品として出てました。
それを、ちまちま食べる事に何の疑問も持った事がなかった幼き頃・・・
同じように何の装飾もされてない冷凍グリンピースのみが、
立派な一品として食卓にあがる家が他にないことを知り、逆に不思議に思いました。
一人ごはんの時は今でも、グリンピースだけをチンしてバターと塩コショウで食べたりします。
スプーンでサクサク、まるでシリアル?!ってな具合に食べてます。
P1040650.jpg
≪おむすび・きゃらぶき?≫
やっぱり、食事には炭水化物が必要。米食べてなんぼ!です
日本人で良かった!
P1040655.jpg
カウンターが8席?位とテーブルがあります。
遅くにお酒が飲めて、食事もしっかりできるお店ってありがたいですね
P1040653.jpg
今度はゆっくりお邪魔したいです
ごちそうさまでした。





| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ぱぐり~ライフ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。