ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10年ほど前からされているという事だが、恥ずかしい事に今回までその存在を知らなかった。

店内に入ると柔和な主人が迎え入れてくれ、それと同時に辺りに立ち込める御香の香りに
気づく。カウンターと厠とでも香りを変えているという趣向。
茶人である主人ならではの趣がある。

香炉

一品目
懐石料理であり、季節の物を取り入れた一品が出てくる。
鰆と鯛のお造り
鰆を炭火で皮の部分をあぶり、鯛の造りと一緒に頂く。
鰆はポン酢醤油、鯛は醤油で。
山葵がとげとげしくなく、鯛の甘味を引き立ててくれる。
和牛のこ鍋仕立て

盛り合わせ
目にも鮮やかで、一品ごとにしっかりとした仕事がしてある。
今回は春という事で山菜などの野の趣向が感じられた。
わらびと下にあるのは失念

鯛のお頭蒸し
言うまでもないが、鯛の目の周りのゼラチン質がたまらなくうまい。
釜で炊いたお米
山陽町のほうでとれたお米を釜で炊き上げてくれる。
もちろんお焦げもついており、香ばしい。
お抹茶とこちらが出てくる。
お抹茶が最後のほうで出てくる。
あとは水ものであるメロンと苺で〆。
非常にゆったりとした店内で、御主人の人柄が表れたまじめな懐石料理だった。
しっかりとした仕事がしてあり、もてなしの心を随所に感じるそんなお店でした。


懐石 昇一楼 (カイセキショウイチロウ)
TEL:086-212-1022
住所:岡山県岡山市天神町2-10
営業時間:11:30~13:30(L.O.) 17:30~21:00(L.O.)
定休日:日曜日

大きな地図で見る
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ぱぐり~ライフ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。